とれびき大将

アクセスカウンタ

zoom RSS 人というのは・・・。

<<   作成日時 : 2008/02/16 08:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

上下水道の工事を昨年末から行っている。

我が家は、早期に下の住宅地が同工事をするにあたり、
とっとと、申し込みをし、工事は完了しているので、
今回の上下水道工事には、無関係である。

しかし今回、共同私有地である家前の土の道を掘り起こすに辺り、
協力はせねばならない。
協力といっても大したことではない。
車を下の土地に駐車し、ごみ捨てを工事開始前に済ませ、
日中の轟音と揺れを我慢しさえすればいいだけだ。

上下水道が整い、土の道向こうの家の人が、便利かつ衛生的になれるなら、
このくらいの協力は屁でもない。

我が家のおばあちゃんであるキンコは、すっかり工事の人々と仲良しである。
「通りますかぁ〜っ?トラックを今移動します!」と言われても、
「えぇですよぉ〜♪こっちの道を通りますからぁ、続けて下さい。
 寒い中、大変ですねぇ。」
と返答し、塀のない隣の家の畑を通って帰ってくる。

私とて、
「お嬢さん、車を移動させてすみませんね。」
「いいえ、大丈夫です。お気になさらずに♪」
と、【お嬢さん】と毎度言われ、上機嫌なくらいだ。

ところが、文句をいう近隣もあるわけで。。。
心が狭いというか、なんか一言いいたい暇人である。
範囲の狭い田舎道の工事に、警備員ふたりを置いている理由だ。

家を構えれば、何かと近隣に助けてもらったり、迷惑をかけたりする。
当然、長い付き合いになるわけだし、あけっぴろげな田舎では、
家族構成を完全熟知なほど、親密である。

「そんなのお互い様だからね。」と笑って受け答えできぬものか?
「迷惑をおかけしますね、すみません。」と事前に礼儀をつくせぬか?
いつ、なんどき、どこで自分が迷惑をかけるやもしれないのに。。。

10年ほど前、我が家に無茶ないちゃもんをつけた家がある。
キンコは口答えせずに、謝罪をしたが、
未だこの件では、納得がいっていない。

私が、こちらに戻った時、
「文句があるなら、私が全て引き受けますから。
 どうぞ今後とも宜しく。」
といの一番に笑顔で挨拶をした。
それ以降、媚びるように挨拶をしてくるようになった。

くだらねぇ!

今回の工事で、その家は便利かつ衛生的になれるのである。

近所の人がこう言った。
「他人の家には、すぐ文句を言いにくるのに、
 自分の家のことでは、一言の挨拶もなしなんよっ!
 どーなっちょるんかねぇっ、あそこは!!」

こう答えといた。
「そうですか。
 でも、みんなが今時の便利な環境になるっていいですよね♪」

私は陰口が好きではない。
文句があるなら、直接当人にぶっぱなす。
陰口を振られても、そうそう同意はしない。

田舎の独特な近隣関係を上手に泳いでいたいのである。
キンコとだけ、「あんな人間になったらいけんね。」と
こっそり笑い合い、うっぷんを晴らす。

人というのは、隣の芝生が気になってしょうがない生き物なのか?
私なんて、自分ちの芝生が色とりどりで、楽しくて、
他人の芝生まで気がまわらない。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あたしも・・陰口・・は・・苦手です・・
笑顔で・・面と向って・・いやみは 言えますが
(^_^)v
生活していくうえで・・ご近所は・・譲り合いですよね
最近・・世の中・・これが・・なっておりませんが・・
viviまま〜
2008/02/16 18:02
viviまま〜さん
ぶふふっ、viviままさんの笑顔な嫌味は相当な効力を発揮なさりそうだっ♪今度見せてくださいなっ(怖いもの知らず、です・笑。
つなぐべき縁と、つながらざる縁はありますが、近所付き合いも立派な社会勉強だと思うわけで、おっしゃる通りで、譲り合いや思いやる心が双方にあればいいですね。なかなか難しいけれど。
とれびきまま
2008/02/17 08:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
人というのは・・・。 とれびき大将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる