とれびき大将

アクセスカウンタ

zoom RSS 襟を正す

<<   作成日時 : 2007/04/17 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

姿勢良く、お辞儀をしてから、読んでみました。

「ハイジ」100年の旅
著・高山智津子

アルプスの少女ハイジ
アニメであの宮崎駿氏が参画しており、
日曜日の夜、カルピスのCMと共に、
心待ちした、幼少時代。

「もみの木が聞こえる。」
「アルムの山が燃えている。」
とろける山羊のミルクで作ったチーズ。
干草のベッドに広げる白いシーツ。
オンジと村の人に呼ばれ、変わり者とされたおじいさん。
クララにピーター。
ロッテンマイヤーさんの刺繍と眼鏡。
セバスチャンにチネッタ。
ユキちゃん、ヨーゼフ。
糸を紡ぐ、盲目のおばあさん。

ハイジはいつも前向きで、率直で、優しい少女。
今でも大好きなキャラクター。

図書館をぐるりと巡っていたら、
この本が目についた。
小学校教諭をなさっていたらしい著者のようで、
さて、読んでみましょう〜。

くったくのない言葉が連なり、
ハイジに対する愛が溢れ、
的確な分析と、中原中也。ゲーテ。を用いた解説。
スイスへの旅を起点に、心から溢れる文章が綴られていた。

姿勢を正して、本を閉じる。
二日で読めてしまえる頁数。
でも、もう一度、と再読。

  口笛はなぜ、遠くまで聴こえるの。
  あの雲はなぜ、私を待ってるの。
  教えて、おじいさん。
  教えて、おじいさん。
  教えて、アルムのもみの木よ。

雲に乗り、空に浮かぶ。
翻ったスカートの裾から、バタバタと足を動かす。
大空からぶら下がったブランコ。
前髪はいつもはねあがり、
両手をいっぱい広げて感情を表す。

いいよねぇ〜。
襟を正して、読んでみる。
浄化された気持ちになる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ハイジ私も子供のころTVで見てましたよ〜♪中也、ゲーテを持ってどうやってハイジを解説するのが興味深々です。私は若草物語が大好きでしたね。今でも次女のジョー憧れます♪たまに懐かしい物語を読むのもいいですね。
ぴのこ
2007/04/22 00:07
ぴのこさんがジョーに憧れるのが、
理解できます。最近宝塚劇はご覧になっていないのでしょうか(笑)?
なかなかの秀作で、ハイジを題材に、幼児教育論や児童文学について、易しく綴られている作品でした。
やっぱり、読書は楽しいですね♪
とれびきまま
2007/04/22 06:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
襟を正す とれびき大将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる