とれびき大将

アクセスカウンタ

zoom RSS 招かれ猫

<<   作成日時 : 2016/10/13 08:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ツクツクボウシが鳴く頃、
小さな仔猫の姿を庭やベランダで見かけ始めた。

朝顔の垣根をねぐらにしているようだ。

1週間過ぎる頃、みゃぁみゃぁと懇願の鳴き声で、
家の中に入れてくれ!という。
朝、カーテンや窓を開けると、そこに居て鳴く。
台所にいると、網戸にしている下窓から覗いて鳴く。

こんな健気な姿にキンコも私もいたたまれなくなり、
覚悟を決めて、内へと招いてみた。

怯えつつも、食をむさぼり、水を飲み、体を寄せてくる。
ゆっくり撫でて、抱き上げた。
体長30cm弱のこの仔が、紙のように軽くて、驚いた。
キンコも同様に思ったらしく、涙を滲ませている。

「最期まで面倒みるから、安心しぃね」と声をかける。

6年前から我が家に居ついている先住猫のにゃご。は、
お気に召さないようだ。
野良ネコだったにゃごさんは、なぜかとれびきを怖がらず、
共存でき、とれびきと一緒にコマンドに従う変わった猫である。
また、とれびきも、新参者をイジメるような心根の腐った犬ではないので、
広い気持ちで、にゃごを受け入れていた。
『おかあさん、また、だれかを連れてきたよ・・・』と
諦めモードもあったようだが。。。


画像
















名はキトン(仔猫)。とれびきと同じカラー。
現在、謙虚さの欠片も無く、縦横無尽に家の中を駆け巡る。
無邪気で無謀な行動は身体の成長と同様に日ごと増長中。

キンコと一緒に眠り、たかおの食事に付き添い、
にゃごに猫ぱんちされ、私の足に食らいついてくる。
来客を恐れることなく、ゴロゴロと媚びを売り、
障子に猫パンチで穴を開け、蜘蛛キャッチを生業として自慢しに来る。

体長も伸びたが、体重もずっしりしてきた。
それが何より嬉しい。
招き猫ならぬ招かれ猫♪
慕ってくれて、縁があったのなら、それだけで十分。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
招かれ猫 とれびき大将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる