とれびき大将

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴィクトル

<<   作成日時 : 2008/06/27 07:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

【ニキータ】、大好きな映画。

殺し屋の世界。
ジャン・レノが、ヴィクトルという役名で大変渋い演技を披露した。
ヴィクトルは『掃除屋』と呼ばれ、殺しの跡を残さず冷血な任務を遂行する。
その続編で【レオン】。


ここ3週間ばっかし、海へと散歩に出かけると、ずっと波打ち際が気になっていた。

去年、一頭の犬が浜辺に打ち上げられており、驚き、手をあわせ、涙ぐみ、
その遺体に飛来するカラスを側で追っ払っい、市の環境保全課に電話し、葬った。
梅雨時期に増水した川にでも落ちたのだろう。
いや、勝手な人間が殺したのかもしれない。

たまらぬ思いが、ぎゅーっと胸を押さえつける。

『虹の橋、ってところがあるんだよ。
 お友達がたくさんいてね、楽しいところなんだって♪
 苦しいこと、辛いことは、ひとつもないんだよ。
 そこへ行って、幸せにおなり。』

まるで、私自身に言い聞かせるように、心でそう唱えた。
とれびきを側で座らせ、「ちんちんなむなむ、してください」と言い、
一緒にその子を見送った。


再び胸騒ぎは的中した。
干潮時、沖まで歩いて行くと、ごろんと横たえた茶色い子。
10m手前で立ち止まる。
「苦しかったね。
 あなたが私を呼んでたんだね。
 ちょっと待っててね。」
携帯電話を取り出し、連絡。
丁寧な対応をして下さるものの、午後にならないと弔いには来れないそうだ。
また、海には目印がない。
場所がわからなければ、連絡をくれと名と電話番号を告げる。
午後に電話が鳴り、速攻、庭のお花とミントを手折り、自転車で駆けつける。

「潮が寄せてしまったので、隠れちゃいましたかね?」
スコップを持った市役所の人に問われ、
「はい。あそこなんですが。。。」
と、返答しつつ、いたたまれず水際までダッシュする。
なんだか、このまま海の中に埋もれてしまうのが可哀相だったから。
足首までつかるが、その子が横たえていた場所はかなり深くなってしまっていた。

「また、連絡ください。」
「はい。お手数をおかけしました。」

もっと手前まで、引っ張ってでも、連れてきてあげれなくて、ごめんね。
浜辺の草むらに、お花を供え、手をあわせた。
これから、あの子を弔ってあげれるまで、
海へのお散歩時には、バスタオルを持って出かけよう。


【ニキータ】も【レオン】もジャン・レノも好きだが、
現実世界では、やっぱり死は辛く、嫌だ。
私はただ、非力なだけである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
「死」っていつかは訪れるもの・・・
死んでいくものより
残されたものの方が辛いものかも・・・
って最近強く思います
ルルママ
2008/06/27 10:15
自分の死を心から悼んでくれる人を待ってたんだね。
とれびきままさんも弔いがすむまで落ち着かないですね。悲しいお役目ですが、茶色い子をしっかり送り出してあげて下さいませm(_ _)m

死は、残す方・残される方、感じ方は違っても、どちらにも辛いものです。だから共に過ごす時間がとても大切なんだと思います。
大事なもの、今しっかり、ぎゅーってしときます(^-^)
ちや
2008/06/27 14:30
海でそんな大変な事が起こっているなんて・・・・
驚きました。
私のちっぽけな頭では
想像すらしませんでした。

茶色い子の事はとても
残念です・・・。

すべての人が
とれびきままさんのような方だといいのに・・・

なんだか
とても悔しい気持です。
toki
2008/06/27 19:19
初めまして。私は小さいころから動物が好きで
今も捨て猫や、愛護センター行きの犬、計10頭と
生活しています。今日の中国新聞の広場に野良猫増えて
大迷惑と言う投書があって憤慨していました!!!!
好きで野良猫になったのではありません!!!!
なのに・・・・・
増やさない一番の方法は餌、水を与えないことだ。そうすれば自然に野良猫は少なくなる。どうか野良猫に餌、水を与えないで下ださい。とあった!!!!!
ふざけるな!!!!!!!人間が捨てなければ
野良猫なんかいないのに・・・・・・・。
活動を応援してます。
名無し
2008/06/27 21:47
ルルママさん
そうですね。。。
どちらも辛いことだけは、確かな気がします。
とれびきまま
2008/06/28 09:04
ちやさん
はい、おへそに力を入れて、弔いを続けます。
でも、茶色い子、どこに行っちゃったんだろう。。。でっかい海の懐に包まれておられるようです。
でも、ちゃんとバスタオルを持参して、勇気出して、くるんで抱えて、葬ってあげれるように気合入れて(いらん?)ます。
とれびきまま
2008/06/28 09:07
tokiさん
私も、悔しいです。
だからせめて、弔ってあげたかった。。。
けど、勇気がなくて素手で茶色い子を抱えて、浜辺へと持ってこれなかった自分にも地団駄を踏んでいます。
とれびきビーチ担当者として、失格じゃのぉ〜・とほほ。
とれびきまま
2008/06/28 09:15
名無しさん
コメント下さり、ありがとうございます。
はじめまして♪
根本をてめぇ勝手に都合いいように、履き違える人間の欺瞞。
そんな新聞記事があったのですね。
悲しい人間が多いのか・・・。
一人がひとつでも、きちんと動物たちの命を大切に思い、言動すれば、愛護センターなんて必要ない機関になるはずでしょうにね。
活動を応援下さり、ありがとうございます。
名無しさんも、10頭の子たちと楽しい時間をお過ごしくださいませ♪


とれびきまま
2008/06/28 09:27
にゃんこの問題は難しいですよね。
実は私の住んでる団地内でも問題になってます。
それは無責任な飼い方+接し方をされてる「人間」さんの問題です。

うちの団地内に猫が好きな方がいらっしゃってね。
自分のお家のガレージにフードを撒いて野良ちゃんに餌やお水をお与えになられております。
それが悪いことだとは誰もおっしゃいませんが、ただ..そこに集まる野良ちゃんが付近のお宅のお庭に侵入し、玄関先から庭の至る所「トイレ」に使っておいでなの。
なので臭くてしょうがないし、中には繋がれてるワンコに怪我を負わせ、感染症で虹の橋を渡ってしまった子もいます..

野良ちゃんに餌をお与えになられてるお宅にお話すると、「可哀想だから餌を与えてるだけで私が飼ってるわけではありませんから..」とそうおっしゃいます。
確かに...そうですけど..

でもそれもどうなんだろう..無責任だというお声もあります。実際に野良ちゃんの被害に遭われてる方が多いので..

そういう意味で「餌も水も与えないで下さい」ってお話が出てくるんじゃないのかな..

結局は人間の「無責任さ」の問題ですよね..
アクア
2008/06/28 11:23
アクアさん
そうですか、アクアさんのお宅の周りにも、野良猫のトラブルが実際あるのですね。。。
にゃんこ先生たちには、罪はないのになぁ・・・。
雑草のように、勝手に生えてきたわけじゃなかろうに。
最初に捨てた人間がいたから、そうなるわけで、仰るとおり、後先考えず「無責任」な人間の行為が問題となるんですね。
環境破壊もそうだし。
困ったもんですね、我々人間という生き物は・・・。
とれびきまま
2008/06/29 06:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴィクトル とれびき大将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる