とれびき大将

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じ空の下で

<<   作成日時 : 2007/08/08 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

娯楽に興じ、刹那に生きる私が言うことではないが…。


今日の空は美しかった。
毎日仰ぎ眺める空。
なんだか包まれている気分になり、
とても自分がちっぽけな存在に思えて、
その数秒で与えられる、ほっかり気分は、
人肌には無い、巨大な安心感とリセットを私に授ける。

夜空に至っては、満天の星が
秋にはまだ遠い夏真っ盛りな天候にも関わらず、
落ちてきそうな程、
漆黒に浮かび瞬き、迫力があった。


空を仰ぐ習慣は、うつむき癖のあった私に、
親切な上司が教えてくれ、長年続けている習慣である。

故郷に戻り、空を仰がない日はない。
毎日違う表情を、遥か彼方から見せてくれる。
ぐるりと360度。
海辺で眺める。
部屋から眺める。
ふと足を止め、信号待ちの車中から眺める。


灰色の雨雲が北方向に低くたちこめ、
南方向では入道雲の子供がむくむくと力を秘めていた。
その合間を輝かんばかりの青空が埋めつくし、
天空には、うろこ雲がはべっていた。

雲間の陰影がなんとも言えず、
機械のシャッターを押すにはいたらない、
今をその頭に焼き付けろ!な絶景なのだ。

でも、こんな日だったのだろうか?
それとも、もっと青空面積が多かったのか?

昭和20年8月6日、原子爆弾投下。
広島は世界初の実験に使われた。
これは、事実であり、ゆるぎない。
日本軍が他国に侵略した事実もゆるぎない。

隣の県での悲惨な出来事を、
子供の頃、学んだ。
「のぅもぁひろしま!」
原爆ドームが怖すぎて、原爆記念館の衝撃が大き過ぎて、
泣いてしまった小学生時代、
親に悲しみを訴えた。
「どうして、こんなに酷いん?戦争って何なん?」

戦は人類の歴史上、何万回と繰り返されている。
そういう生き物が我々なのだろうか。
現に地球上では、今も戦は行われている。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あさ、8時過ぎ・・・町内放送がなりました。
追悼の鐘の音が、スピーカーを通してなりわたっていました。仕事の手を止め、黙祷・・・
最近平和授業(夏休みの登校日)がなくなってしまいましたね。。。
くうまま
2007/08/08 23:16
くうままさんの町内では放送があるのですね。
今日も、同じ空の下で、共に黙祷しましょう。
平和授業という名の登校日は存じません
でしたが、意味ある登校日はなくして欲しく
ないなぁ、と思います。
とれびきまま
2007/08/09 01:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
同じ空の下で とれびき大将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる