とれびき大将

アクセスカウンタ

zoom RSS アイドルタイム

<<   作成日時 : 2006/06/04 05:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

光の魔術師・大塚正彦、匠塾。

地元の優良企業が上記の一級建築士を呼んで、
講演を開催しました。
TV番組ビフォ―アフターにも数回登場されたらしい方です。
勿論、聴きに行きました。

「テレビに出たので、リフォームばかりを設計していると思われがちですが、
 都市型住宅をライフワークに、豊かな住宅設計を目指しております。」
とご挨拶の後、
「この豊かだとか、心地良いだとか、抽象的な表現ではよろしくないので、
 実際にはどんなテクニックを持っているんだって、ことです。
 建築設計には目新しい技術はありません。
 発想の転換や発見が必要なライフアドバイザーであるべきだと、
 その実例をご覧頂きながら、お話させていただきます。」

画像


イタリアのとあるホテルのドアノブは真中にくっついていて、
力学的には使いづらいのだが、このこだわり(多分イタリアではシンメトリックを好むから)。
公衆電話器というインフラにも、愛らしいデザインを施す。
遊び心とこだわり。

便利な生活が豊かな生活かと問えば、ニアイコール。
何故なら、『スローフード・スローライフ・ロハス』このキーワードが
昨今話題になる理由に答えはある。

そんなお話から、家を建てるという大きな買い物について、
〜すべき発想を取り払い、
じっくり自分達の生活内容と変遷、そしてアイデンティティーを吟味すること。
具体的要素や実例をひとつひとつ、丁寧に講義してくださいました。
共感できるお話や感覚が多かったので、
この建築家さんは好きです。

お話しに気取りが無く、さらさらと思う事を語る。
そして、蓄積された知識を惜しげも無く、会場中にばら撒く。
きっぷのいい人だと、感じました。
そんな風に建築について話しを聴いていると、
印象深い一言をおっしゃいました。

「私にも尊敬する先輩が同業界にいるのですが、
 その方にある時言われたのです。
 『難しい話をやさしく、
  やさしい話を深く、
  そして、深い話を面白く。
  そう話せる人間が、施主様にとっていい建築家であると言えるし、
  ひとりの人間として、大切なことだよ。』と。
 今だ持って、クリアできないのですがね。」

私が常日頃から心がけていること、そのものずばりでした。
大塚氏は狭小地の都市型住宅において、天井から階段部分を使用して、
どかんと光の筒を家に造られます。
どてっぱらに穴があく。(意味違うけど、
私の心にもすこーんっと光の筒が差込みました。

さて、講演も終わり、帰路の途中に寄り道をしたくなりました。
この感動した気持ちを少し遠くから観察したくなったのです。
「さて、どこに立ち寄ろうか?」
そうだ!かねてから気になっていた、
火曜日と土曜日しか開いていない一軒やの喫茶店に照準を合わせ、
初めて門をくぐってみました。

画像


ここにも、気取りの無い女主人がいらして、
ひきたての美味しいマンデリンを出して下さいました。
店内や庭の随所にはたっくさんのこだわりがあるのに。
煙草呑みは、蚊にさされながら、庭の一角に座ります。
ぽかぁん、としながら。

画像


長居はしません。お客さんが増えてきました。
会計をする時に、美味しかったマンデリンをひいてもらいおみやげです。
その間、「犬はこちらはダメですよね?」
「大丈夫よっ。」
「でかいのが2匹なんですが・・・。」
「平気、平気!私は犬好きだから今度連れてきてね。」

アイドルタイムであれ、とれびきさん達を忘れやしません。
がっつりココでも一緒に来れる場所を確保っ!
私の豊かな暮らしに必要な要素は、とれびきさんが在ってこそなんですから。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ん?「なんてったって」のほうではなくて、「アイドリング」のほうですね。
100年住む家とかって特集なんかを雑誌で読んだりしますが、確かに私は200歳まで生きるつもりでいますが、要は自分の住処にもっと安心を持ちたいもんです。昨今の欠陥住宅ブームっていうのも、やっぱり人が持つ不安感という泣きボクロをコリコリ押されているようなもんで、注目が集まるのは自明の理ですかね。
るん家は昨年雨漏りに悩まされて、補強をしました。最近では夜中になると「ミシンコ、ミシンコ」と家のどこかが軋む音などがしたりして、ドアがワオ〜ンとかいっちょ前に吠えています。
マンデリン。違いはよく分からんのですが、私も好んで毎朝飲んでます。
ルンルン
2006/06/06 01:05
ルンルンさんワードが盛りだくさんっ!!にぽっ、
どれから突っ込み返そうかなぁ・・・。
まずは、そうです!「なんてったってア〜イドル♪」の
小泉今日子ではありませんでした。
でも素敵な事に【渚のはいから人形】は振りつきで熱唱できます。
200年も長生きなさるならば、是非↑見といた方がいいと思われます。
泣き黒子はないのですが、呑み黒子をコリコリ押されている人の気持ちはよぉーーくわかるなぁ。
それと同様の気持ちってことですよね?(んっ?
定住しない私は、竪穴式住居を捜し求めています。屋根からの雨漏りより、地べたから水が入ってくるスリルを味わえます。
貝塚は既に掘ってありますから、あさりの殻でいっぱいです♪
フィメール珍獣にはお似合いの豊かな住居でしょ?


とれびきまま
2006/06/06 04:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイドルタイム とれびき大将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる